.

愛車を買い取ってもらう時や、また所有車の買取の際も印鑑証明が必要になります。それではこの印鑑証明に関して解説しましょう。印鑑証明というのは実印として認められているということを裏付けるためのものです。これがないのであれば、その印鑑について実印として効力を持つという事実が証明できません。大きなお金が動く商談になる自動車の売買なので、必然的に実印が必要ですが、その時に印鑑証明というものが登場します。役所で印鑑証明をつくるためには事前に印鑑証明の手続きをしておかなければなりません。印鑑証明に登録する印は普通、実印といい同じものが二つとないはんこでなくてはなりません。実印を準備して自分が住む役場に行くことで印鑑登録できます。手続きが終わると、印鑑登録カードを発行してもらえて、その判子は実印になったということになります。印鑑証明を交付してもらうには、市町村役場の取次ぎ所で専用の用紙に必要項目を記載して、印鑑登録カードを持参する必要があります。それから自動交付機を使って印鑑証明を発行する事が可能です。印鑑証明には有効期限などはありません。ですから、どんなに前の印鑑証明だとしてもその効力は消えないということになります。ただ車売却の時は必須条件として3ヶ月以内に交付されたものでなければなりません。ほとんどのケースで有効期限を気にする必要はないのですが、所有車の買取の際には、店側が期限を定めていますので、車の買取予定の車があるのならば準備しておくことが必要です。