.

為替介入というものをご存知ですか?日銀が介入して新聞記事、ヤフーなどの報道記事で目にした人もたくさんいると思います。元から為替介入(外国為替平衡操作)といえば日本では、財務大臣が為替相場の安定を実現するために施行する戦略ということで位置づけられています。簡潔に言うと、かなりの円高や円安の時に財務大臣の指令のもとに中央銀行(日本銀行)日本円を取引して為替レートの安定性を狙う、といったことです。為替介入(外国為替平衡操作)には種類があります。1.単独介入・・・政府機関または日本銀行が東京での市場において市場に参入して為替の介入をする。2.協調介入・・・多くの通貨当局が話し合ったうえで、それぞれの銀行などが資金を出してみんな一緒にあるいは続けて為替の介入を実施する。3.委託介入・・・異国の通貨当局に向けて介入の実施を委ねる。4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に代えて外国為替市場介入(為替介入)を執行する。こんな方法があります。どのやり方の外国為替平衡操作(為替介入)も一時的、または当面為替の市場に効果を与えるでしょう。介入の資金は当たり前ですが国家の面目をかけて行なうのですからスケールが違うのです。円を元にみると、普段はほんの少し変動している円相場が突如数円ごとの動きをするのです。投資家の方でしたら一回は経験したことがあると推測できますがこれまで含み益(あるいは含み損)が多くなっている保有高を持っていたのですが、保持している持ち高が決済しましたといった通達がFX業者の人間からEメールが来ました・・・どの程度黒字になったのか(赤字になったのか)?と考えつつ決済報告を確認したら自ら見込んでいたのとは反対の事態になり度肝を抜かれたとのことがよくありました。為替介入が実施された際によく聞く話なのです。以上のように為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれることで為替の市場の変動と反対の変動をすることがわかりました。さらに変動する額の幅は非常にでかく動くので用心が必要です。